コンタクト

メールアドレス:
居住地: Japan

自己紹介文

ライズコンサルティングオフィス
(酪農コンサルティング事務所)
代表 加藤隆
TEL 0155-32-3352
FAX 0155-32-3353
Email risecorp@nifty.com
-----------------------------------------
■事務所・住居   
北海道河東郡音更町(かとうぐん おとふけちょう)
(帯広の北隣、人口4万4千人ほどの町)
-----------------------------------------
■ 私たちは酪農業におけるすべての始まりは、エサ、つまり、栄養だと考えています。

エサの影響というものが、酪農の大部分に影響を与えているのだと考えています。

したがって、乳量を増やしたい、乳房炎を減らしたい、繁殖を良くしたいなど、

酪農家の抱える望みや悩みのほとんどは、エサで解決の糸口がつかめると考えコンサルティングを進めています。

そのようなことで、日頃より心配なこと、気になること、なかなか解決できなこと、今一番の問題点など、

それらを相談できる誰かふさわしい人をお探しでしたら、

どうぞ、この機会にRCO加藤隆をご利用、ご活用ください。

現在19軒の牧場をコンサルティングしていますが、あと3軒ほど、2010年度の新規顧問先として募集をしておりますので、

ぜひ、このチャンスをご利用ください。

受け持ったからには、加藤隆が責任を持ってコンサルティングさせていただきます。

以下のような視点で、総合的にコンサルティングしています。

(1)高品質の自給飼料を得るために必要な情報・知識は習得済みだろうか?

(2)高品質の他給飼料を安く買うために必要な情報・知識は持っているだろうか?

(3)購入濃厚飼料を安く買うための情報・知識は入手できているだろうか?

(4)健康に飼うための給餌方法とは何かを知っているだろうか? 給餌タイミングの影響を計測できているだろうか?

(5)生産性を高めるためのエサの組み合わせ方を実践できているだろうか? その給餌方法はどんなものかを知っているだろうか? 給餌タイミングは牛に合っているだろうか? 

(6)乾物摂取量(DMI)を高めるためには? その要因と方法を得ているだろうか?

(7)ボディコンディション(BCS)はどうなのか? BCSと飼料コストの関係を考えてみたことはあるだろうか?

(8)乳量は高いのか? 低いのか?
低い場合、なぜ出ないのか? それを人側から見て考察したことはあるだろうか?

(9)TMR(混合飼料)の状態は? 混ぜあがりの具合は? ミキサーを使いこなせているだろうか?

(10)牛舎デザイン、快適性、飼槽マネジメント、飲水効果などの要因はどうなのか? 目の肥えた人に評価してもらったことはあるだろうか?

(11)放牧は効果的だろうか? それを引き出すエサの組み合わせになっているだろうか?  草地の状況は? 牛道は? 

(12)バルク乳体細胞数は10万/ml以下だろうか? どうして達成できないのだろうかと考えてみたことはあるだろうか?

(13)乳房炎の発生率は? その対策はどのような方法をとっているだろうか?1年間の損失乳量を金額で出したことはあるだろうか? その要因は、エサなのか? 環境なのか? 搾乳方法なのか? 誰かに見てもらったことはあるだろうか?

(14)蹄病の発生率はどのくらいだろう? その損失を金額にしたことはあるだろうか? どうして蹄病が多いのか?

(15)分娩後の疾病率の目標は何%に据えているのだろうか? 後産停滞、乳熱、ケトーシス、第四胃変位、大腸菌性乳房炎、これらの対策は? マネジメント方法は? エサの対策は?

(16)繁殖はどうなのだろうか? 分娩間隔は目標どおりなのだろうか? 分娩間隔と収入の関係を実感できているのだろうか?

(17)現在の飼料コストは1頭当たり、どのくらいなのだろうか? 2010年の飼料費と2000年の飼料費、1995年の飼料費との差を知っているだろうか? 

(18)現在の農業所得は何%なのだろうか? 10年前の農業所得と現在の農業所得の差を把握できているだろうか?

(19)農業所得の目標は明確だろうか?

(20)あなたの酪農に対する思い、哲学、そして、どんな酪農にしたいのか? 

このようなことを細かにコンサルティングさせてもらいます。

あなたの牧場の経営を向上させていきます。

===================================

■加藤隆のこと(自己紹介)

1964年 北海道豊頃町で畑作酪農の
長男として生まれましたが、両親は離農を決め、家族は帯広市へ移りました。

中学と高校では野球部に所属し、本気で甲子園を目指しましたが、努力も根性も、その時は足りませんでした。

その後、将来が見つからないまま何も考えずに工業系大学へ進んでしまい、
だいぶ遠回りをしたなと、後悔しています。

その後、北海道の飼料メーカーで働き、多くのことをそこで学びました。

社内での勉強会、セミナーへの参加、海外研修など多くの勉強の場を提供してくれる会社でしたが、

畜産学概論、ルミノロジー、栄養学、日本飼養標準、NRC飼養標準、CNCPS、飼料作物・草地論、土壌学、家畜管理学、家畜育種学、家畜生理学、家畜行動学、予防獣医学などは、独学で学びました。

現場酪農実習は、北海道とカナダで経験しました。

2000年の年から独立してコンサルの仕事をしていますが、当時はまだ今のような明確な酪農コンサルティングが確立しておらず、飼料コンサルタントとしての活動でした。

なんだかんだと独立して10年が経ち、酪農の世界に入って現場経験は20年ほどとなりました。

資格は、人工授精師と受精卵移植は持っていますが、その業務は行っておりません。ただ、牛の状態把握のため卵巣触診は行っています。

自動車整備士の国家2級資格を学生時代に取得していまして、機械にも明るい酪農コンサルティングを展開しています。

人が言うには、異色の酪農コンサルタントらしいです。

======================
◆ コンサルタント契約について
年間契約、または、複数年契約とし、月額にすると 36,500円~63,000円 (税込)  
※ 詳しくは、お問い合わせください。
TEL 0155-32-3352 加藤隆まで。
****************************************
◆ コンサル導入牧場の紹介は、下記URLで。
http://katoblog.cocolog-nifty.com/blog/cat14152671/index.html
----------------------------------------
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
著書は、次のものがあります。
(書店では売っていません)
「乳量アップの構築法(エサ編)」
「牛を健康的に飼うための手引書」
「飼料リストファイル」
「乳搾りが楽しくなるニュースレター」
 (会員限定の月刊誌 2002年1月から創刊)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆ ニュースレターの見本は、下記URLで。
http://katoblog.cocolog-nifty.com/blog/cat14131530/index.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

興味のあること

中学、高校と野球をしていました。野球は大好きです。そして、現在も、現役プレーヤーです。活躍(?)しています。 息子を野球選手にしたい!と思う親ですが、はたして親の思惑通りになるか…。 原第2次政権巨人に期待しています。 がんばれ!ジャイアンツ! それから、水泳も大好きです。近くのプールへときどき息子と通っています。 沖縄の海が大好きです。特に、座間味はgood! いや、エクセレントです。 それから、「富士山」も大好きです。日本一を眺めると、心が落ち着きます。静岡に親戚がいるので、そこに行くと富士山が、間近で望めます。本当に、最高です。