トップページ | 3月、牛乳を捨てるのか? »

2006年2月27日 (月曜日)

気がつくと、そばに牛がいた。

気がつくと僕のそばには、がいたんだ。

おいしそうに「ムシャ、ムシャ」と干草を食べる牛。

にんじんを食べると、口から泡を出しながら食べる馬。

ちょっと臭かったが、「コーッ、コッ、コッ、コッ」と、いつも鳴いている鶏。

そういう環境で、少年時代を過ごしたんだ。

でも、そのときの僕には悩みがあってね…。

それは、どうしても牛のマネができなかったんだ。

不思議でしょうがなかった。

何がって?

どうして一度食べたものを吐き出せるのか。

何度まねても、僕が飲み込んだものは、出てこなかった。

当たり前だけどね。

飽きもせず、ずっーと見ていた。

牛、好きだったんだ。きっと。

その僕が、今は、酪農コンサルタントとして仕事をしている

飼料会社で10年近くお世話になり、その後、

2001年に、コンサルタントとして開業。

と同時に、「乳搾りが楽しくなる実践会」という会員制の勉強会の組織を作った。

たった5軒からの始まりだった会員数も、

今では80軒を越えた。

もともと農家の生まれの私は、親の事情で、一度、町に出たけれど、

これも縁か…、再び、自分から酪農の世界へ戻ってきた。

あれから、15年が経とうとしている。

Written by 酪農応援隊 加藤隆

|

トップページ | 3月、牛乳を捨てるのか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57616/865327

この記事へのトラックバック一覧です: 気がつくと、そばに牛がいた。:

トップページ | 3月、牛乳を捨てるのか? »