« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月28日 (水曜日)

状況、おしえて。

北海道も地域によっては、天気が続いていると聞きました。

ここ十勝は、天気が悪く遅れています…。

もし、よければですが、

あなたの地域の1番草の収穫状況、

最近の天気など、教えてください。

ブログへの「コメント書き込み」でも構いませんし、

私への「メール」でも構いませんので、是非、お待ちしております。

メールの方は、プロフィール画面からどうぞ。

Written by 酪農応援隊 加藤隆

| | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火曜日)

あわてずに。

週間天気予報を見ると、雨のあとは、Usi23

太陽マークが続いているぞ。

もうひとふん張りだ。

作業の途中で電話をくれたある顧問先では、

「刈り取りの時期が遅れているので、

草の乾きが早いようです。」

と教えてくれた。

これだけ不順だと、どうしようもない。

どんな牧草サイレージになるか、サイロを開けて見なければわからないけれど、

出来上がったもので勝負しなければなりません。

あとは、私が飼料の組み立て、組合せを考えます。

お任せください。

だから、心配せずに収穫作業は、あわてずに気をつけて

この作業が終わったら、また、私のブログへお立ち寄りください。

情報交換、いたしましょう。

今日の私は、ニュースレターの執筆中です。

私も、がんばります。

Written by 酪農応援隊 加藤隆

| | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金曜日)

準備OK!

やっと23日(日)から太陽さんが、Dsc02022

顔を出しそうです。

も出揃い、今が収穫時。

(十勝管内の牧草地で。)

所々測ってみると、

草丈も、まあまあありました。

あとは陽が差し、気温が上がればOK!Dsc02025

遅れた分、少し取り戻せるといいのだが。

6月は日照不足で、いろいろ、

心配なところもありますが、

まずは無事に、1番草の収穫が、

終わることを待っています。

みんな、がんばれ!

Written by 酪農応援隊 加藤隆

| | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土曜日)

雨、雨、雨…。

コメント、ありがとう。

夫婦で機械乗るんだね。気をつけてよ。

それにしても、この天気、さっぱりだね。

森永アイスを売る友人が、「5月末からアイス売れねー。」と、

こぼしていました。

しかも寒いしね…。

まだ、ストーブ点けてるからね。短時間だけど。

こんな年もあるのはわかっているけど。

早く晴れてくれー。

ある顧問先は、「今年はギ酸使います。」と、

早々と手配しているようです。

もう、いらないよね。雨

本州は、蒸し蒸しうっとうしい梅雨

まだ、気温が低いだけ、こちらは、ましかもしれません。

みんながんばって!

Written by 酪農応援隊 加藤隆

| | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火曜日)

長い付き合い。

現在のようにコンサルティングの仕組みをつくり、

明確に酪農コンサルタントとして活動し始めたのが、

2002年1月から。

組織の立ち上げ当初から私を慕って頂いている、

長い付き合いの顧問先牧場が5軒あります。

その方々は私が飼料メーカで仕事をしていた当時からの付き合いで、

長い付き合いの方では15年を迎えようとしている方もいらっしゃいます。

いわゆる、この組織を作ることになった火種の方々です。

コンサルティングをどんな形で行ったらいいのか?

どんな仕組みや料金が受け入れられるのか?

ずい分、相談にのってもらいました。

15年も付き合いが長いと、その年どしで、

いろんな相談事がお互いに出てくるものです。

先日も私の携帯に電話がありました。

「牛のことじゃないんだけど…、時間ある?」とのこと。

30分くらい電話で話したでしょうか。

「すっきりした。」と電話を切りました。

話すことで、気持ちが晴れ、安心して仕事ができる。

「こういうのも、いいな~」と思えた瞬間でした。

学生時代の友人でさえ、盆と正月に顔を合わす程度の付き合いですが、

仕事で訪問しているとはいえ、15年もの間、

毎月、顔を合わせているのですから。

改めて考えると不思議です。大切にしなくては。

Written by 酪農応援隊 加藤隆

| | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金曜日)

全国紙へ、6月10日号発行。

今日は、私のPRです。Img004

社団法人 全国酪農協会(東京)が

発行する機関紙 『全酪新報』 で、

いよいよと言いますか、

恥ずかしながら、と言いますか、

私の執筆、連載が毎月始まります。

私がこれまでに、

飼料メーカ在籍時代に経験したこと、

そして、1999年にその会社を辞め、

酪農コンサルタントとして独立し、

現在まで取り組んできたことなど、

限られた紙面の中でどこまで表現できるか、

読者の関心を得られる連載にしたいと、意気込んでいます。

とは言いましても、有りのまましか表現できませんから、

背伸びしても無理がありますよね。

さて、この全酪新報ですが、月に3回発行していまして、

1日号、10日号、20日号と、いわゆる旬刊です。

購読料は、とても安価ですから、もし興味のある方は、

こちらにお問い合わせください。

http://www2.ttcn.ne.jp/~rakunou/Syuppan.html

そして、もし、時間がありましたら、連載を読んだ感想など、

私の方へ寄せていただけると、今後の励みになります。

なお、私の連載は、10日号になります。

それでは、また。

Written by 酪農応援隊 加藤隆

| | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水曜日)

英語の勉強

USAカナダなど、英語圏に、

酪農実習された経験を持つ方は多いと思います。

先日お世話になっている方から、

とても良い番組を教えていただきました。

実習当時を懐かしむ、または、

英語のリスニングの強化に、是非、聞いてみてください。

カナダの国営放送、CBCラジオが、おもしろいですよ。

私も只今、勉強中です。

アクセスは、こちらへ。http://www.cbc.ca/listen/index.html

Written by 酪農応援隊 加藤隆

| | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金曜日)

思ってもいなかった、役立ち方。

Img033ニュースレターをご購読頂いている、

ある農協の役員の方から、

思いがけない「お手紙」を頂きました。

「ニュースレターを読みながら、

酪農家の対話の中に生かしたいと思う、

大変参考になるフレーズがあります。」

と、感想を頂きました。

文章を書くことは、

とても頭を悩ませますが、こうして、感想を頂けると、

またさらに、「いいものを書きたい」とエネルギーが沸いてきます。

いつも、酪農家に話しかけるように書くことを心がけていますが、

今回、頂いたお手紙で、

「酪農家以外の方の読者もいらしたのだ。」

と、ふと思い返すことができました。感謝。

Written by 酪農応援隊 加藤隆

| | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »