« 状況、おしえて。 | トップページ | カナダへ行ってきます。 »

2006年7月 7日 (金曜日)

もやもやが、吹っ切れたとき。

7月の北海道の天気を見てみますと、Usi17

(あくまでも予報ですが…、)

なんか、良いみたいですねっ。

少し太陽さんに、

がんばってもらわなければなりません。

さて、6月よりコンサルをさせて

頂くことになった、ある牧場の話を、

少し。

その方から相談を受けた当初、実は、

「何から手をつけていいのか…。」と言う印象を受けました。

とても迷われている様子でした。

いろいろとお話をうかがったところ、

ひとつの手順に則って話を進めてみることにしました。

まずは、「目標の設定」です。

それから、「これからの進め方」

さらに、「お互いのエサの視点の確認」

これらを中心に行ないました。

すでに私のコンサルを受けられている方は、

経験済みでしょうから、私がどんな話をしているか、

察しがつくと思います。

要は、「○○さんは、どんな経営がしたいのですか?」

「そのために使えるお金は、どのくらい用意できますか?」

「人手の確保はできますか?」

と、このような進め方をしていくのですが、

そうすると、前がいくらか見えてくるようになるのだそうです。

つまり、「そうか、このように進んで行けばいいんだっ。」

と、道筋が見えてくるのだそうです。

そうなると、今まで迷って迷って動けずにいたのですが、

それが、もやもやが、吹っ切れたように晴れやかになり

どんどん積極的に前に進んでいくことができるというのです。

つい先日も、私に、仕事の進み具合を教えてくれました。

どうやら、着々と進んでいるようですよ。

とても落ち着いて取り組んでいる様子がよく伝わってきました。

ちょっと嬉しい話だったので、

ブログでもご紹介をと、思ったのです。

Written by 酪農応援隊 加藤隆

|

« 状況、おしえて。 | トップページ | カナダへ行ってきます。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57616/2540168

この記事へのトラックバック一覧です: もやもやが、吹っ切れたとき。:

« 状況、おしえて。 | トップページ | カナダへ行ってきます。 »