« がんばるパワーをもらいました。 | トップページ | 本当の父の姿を知らない子供。 »

2006年8月22日 (火曜日)

満足の印。

午後2時に牛舎に行くと、Dsc01935

立っていたのは、奥の1頭だけ 。

日中でもこのようきれいに横たわる

スタンチョンでありながら、

ゴムマットに麦稈の敷き藁。

最新の酪農環境ではないのだ。

それでも、牛がゆったりしている。

ここの牧場の特徴は、非常に乳質が良い。

体細胞数は常にひと桁。細菌数も当然、低い。

以前、搾乳作業を、Dsc00055_1

見せてもらったことがある。

実に丁寧な乳頭の拭き方で、

落ち着いた搾乳作業だった。

網走管内で、上位に入る乳質を

出荷する。

Written by 酪農応援隊 加藤隆

|

« がんばるパワーをもらいました。 | トップページ | 本当の父の姿を知らない子供。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57616/3169682

この記事へのトラックバック一覧です: 満足の印。:

« がんばるパワーをもらいました。 | トップページ | 本当の父の姿を知らない子供。 »