« お久しぶりですね。 | トップページ | 良い年にしましょう。 »

2006年12月27日 (水曜日)

1年間のご愛顧、ありがとう。

これまでの経験上、コンサルティングを導入している牧場のほとんどは、

短くて半年から1年の間に、大きい小さいは別にしても、

必ず、なんらかの成果が現れてくるものです。

そうならないのは、打ち合わせをしたことを実践しなかったのか、

実践できなかったのか、いろいろ理由はあるでしょうが、

できる人は言い訳を言わずにすぐ取り組みます。

でも、できない人は、いつまでもいろんな理由を述べて、

さっぱり前に進みません。

あっちの業者、こっちの業者と、「いいとこ取り」をして成果を出せるひとは、

物事の本質がしっかりわかっている人だけです。

どのように取り組んだらいいのかわからない人が我流でやると、

めちゃくちゃになることが多いのです。

そして、ずい分と遠回りもするものです。

ただ、どうしても自分の力でやりたい、やりぬきたい、

そう心に決めた人は、別格です。

自分でやる人は、時間はかかるけれど、今度は人に教えられるくらいの

実力を身につけるものです。

そういう意味で、別格です。

ですから、我流では一抹の不安がある人は、

この人と思った人の言うことを聞いて、一心不乱に取り組むといいのです。

何らかの結果は、必ず付いてくるものです。

取り組んだのだけれど結果が出なければ、

それは、指導者の能力がなかったのでしょう。

私たちの業界は、生き物相手天気相手ですから、

そうそう、自分の思った通りにことは運びません。

しかし、そうならないからと言って、諦めてしまったら、それで終りです。

どうやったら成果が出るのか?

どうやったら成功できるのか?

それをいつも考えていなければうまくいきません。

「農家農家」と言われても、事業主です。つまり、社長です。

あっちの社長、こっちの社長を見比べたとき、

自分よりうまくいっている社長のところと、自分とは、どこが違うのか?

ただ施設だけ見に行ったって何にもなりません。

自分とはどこが違うのか?

それを知ることがとても重要です。

牧場を訪問したときに感じる、第六感的な力を信じ、

目に飛び込んできた映像で分析することです。

この牧場では今、何が起きているのか?

「朝10時で、どうしてこのエサの量なのか?」

「なんで牛が寝ないのか?」

あそこの牧場はこうだった。

あっちの牧場はこうだった。

それらとここは何が違うのだろう。

マネジメントの違いは何か?

それがあなたの経営の答えになります。

今年1年のご愛顧、ありがとうございました。

また来年も、引き続き、ご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

それでは、新年に、またお会いしましょう。

あなた様にとって、2007年も良い年でありますように。

Written by 酪農応援隊 加藤隆

|

« お久しぶりですね。 | トップページ | 良い年にしましょう。 »