« 牛と経費。 | トップページ | エサの構成を学びましょう。《続編》 »

2006年12月 7日 (木曜日)

エサの構成を学びましょう。

最近、飼料計算を、自分でやり始めたという、

TMR(混合飼料)を給与する方からの相談。

Aさん : 「ガイドラインに沿っているんですが、乳出ません…。」

いろいろ話を伺うと…、

私   : 「ふむふむ、これでは、おっしゃる通り、無駄エサですよね~」

Aさん : 「なんで、でないんでしょ? 設定35kgですよ!」

私   : 「そうですね、もう少し、よく見せてくださいね」

私  : 「Aさん、配合主体でTMR作ってますが…、

      配合の構成、調べてますか?」

Aさん : 「なんですか? 構成って?」

Aさん : 「飼料メーカーからもらった成分を入力してるんですが…、

      それじゃ、不足ですか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実は、このような事例、たびたびあるんです。

カロリーやタンパクをあれこれいじっても、牛反応せず。

と言うことが、現実としてあります。

配合飼料を主体にTMRを作っている牧場が、

配合飼料の構成を知ったからと言って、

すぐ、結果が出るかと言うと、そんなこともありませんが、

構成が不明なものを主体にして設計するって、

それは、設計とは言わないよねって感じなのですが。

まずは、構成を勉強しましょうね。

Written by 酪農応援隊 加藤隆

|

« 牛と経費。 | トップページ | エサの構成を学びましょう。《続編》 »