« 目標に向かって。 | トップページ | 牛とトラクター »

2007年1月25日 (木曜日)

利益が出る牧場

経営の要諦ってなんだ?と言えば、

「収入は最大限に、経費は最小限に。」

という言葉に集約されるのだそうです。

私も、自営の身として、共感できる言葉です。

「売るものは高く、買うものは安く。」とも言えます。

今、みなさんの現場での、喫緊の課題は、

買いエサのコストダウンです。

何軒かの顧問先で、飼料設計の調整を兼ねながら、

価格交渉、仕入先検討など、

やれるところで取り組んでみると、

年間100万や200万の利益は出てきます。

ただ、こう書くと…、

「まだ余裕があるんだなぁ。」

「乳価を下げても大丈夫じゃないの?」 なんて思う、

生乳価格決定者の方々がいると困るのですが。

酪農に限らず、

経営者が、どうやって利益を出そうかと考えるのは、

朝起きたら、歯を磨いて、顔を洗うのと同じように、

当たり前のことです。

儲けたお金を、どのように使うかは、

経営者の人生観で変わりますが、

多くの方は、再生産のための投資に使う人、

こういう人が多いのですから、儲けたほうが、いいんです。

一方で、生乳を買う側のことを考えると、

ここも、「買いは安く」が原則です。

だから、買い叩くこともあるというのも、ある意味、当然。

でも、そうならないように、

ホクレンなどの組織があるのだろうと思うのですが、

「なんで価格を下げていくんだろうか?」と、

疑問に思うこともあります。

飲用牛乳も、適正な価格帯があるのですから、

「下げたって、売れるもんじゃない。」と思っています。

まっ、話を戻しますが…、

今の牧場は、どこの牧場も規模が大きくなっていますから、

1頭あたり、1日、30円程度の買いエサ代を下げても、

100頭や200頭の牛がいれば、

100万や200万の利益は出てきます。

でもそれをやるには、いい加減じゃ、失敗します。

いい加減でも、的を射ていればいいんですが、

牛飼いの要諦は、牛が健康なことです。

当たり前のことですが、

これがなかなか、できないんです。

経費下げて、牛が不健康なことって、

実際に起こりうることで、経験がないと、失敗します。

失敗する酪農家のことを言っているのではなくって、

それをサポートしている私も、日々、難しいと思うことなんです。

ミスは許されない、仕事です。

それで経営が傾くことってあるのですから。

何年やっても、そう思います。

収入は最大限に、経費は最小限に。

牛は健康に。

これらは難しいからこそ、経営の要諦なのだろうと思うのです。

Written by 酪農応援隊 

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

« 目標に向かって。 | トップページ | 牛とトラクター »