« 「エサは、変えるな」とは? | トップページ | 本の配布は終了しました。 »

2007年2月14日 (水曜日)

早く取り組んだ方が、いいよって、言うけれど…。

今のエサ情勢を考えると、今後も見通し立たないから、

「放牧、した方がいい。」とか、

「安いものに、エサ変更した方がいい。」とか、

いろんな機関が呼びかけているけど、

やるか、やらないかは、自分で決めるといい。

あとで悔やまんようにね。

みんな、プロなんだから、自活しているんだから。

やるか、やらないかは、どっちでもいい。

ただ、何をやっても、「結果は、すぐに出ないんだ。」

と言うことは、忘れんでほしい。

自分のものにするには、2年も3年もかかるってことをね。

放牧、やったことない人が、

買いエサ減らそうと、今年から放牧取り入れたって、

我流でやったら、乳減らし、牛の調子を崩すだけ。

ここ北海道でも、そういう人、何人も見てきたんだから。

嘘じゃないよ。

去年、買いエサ減らそうと、我流で、

配合やビーパルなんかを減らした牧場は、

乳減って、脂肪下がって、

いまだ、低迷している牧場、あるんだよ。

これから分娩する牛が、調子良ければ、

今後、乳増えてくると思うけれど、

すぐには、結果って、出ないもんです。

ただ、我流でも、しっかり勉強している人は、違う。

でもね、「独学、我流が金かからん」と、

新しいことに取り組むんだけど、

みんな、それなりに結構、授業料を払っているもんです。

独学、我流でやっても、結局、授業料払うんだったら、

初めっから、授業料払って、

知識、経験のある人に教わった方がいい、

と言う人がいるのは、それはそれで、しっかり筋が通っているってもんさ。

どっちにしても、最後は、あなた次第ってこと。

Written by 酪農応援隊 

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

« 「エサは、変えるな」とは? | トップページ | 本の配布は終了しました。 »