« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月28日 (水曜日)

外界との遮断…、今週は缶詰。

おはよう!Photo

目が充血、してる私です。

ドライアイ かも。

目薬差しながら…。

今週は…、

顧客向けに発行している 

月刊誌(ニュースレター) の執筆です。

それともうひとつ、

新聞への原稿 もあります。

あと数日、

外界との遮断で、オフィスに缶詰です。

まずは、お客さんから届いた、

乳検データー や 粗飼料の分析 なんかを見て、

必要があれば、お客さんにフィードバックして、

それから、また、パソコンに向かって、

カチャカチャ と執筆です。

来月12月も、みんなが楽しく稼げるようにね。

がんばるぞ!

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

2007年11月17日 (土曜日)

加藤隆のプロフィール

◆ お知らせ!Spring

プロフィールを update  しました。

http://katoblog.cocolog-nifty.com/about.html

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

2007年11月11日 (日曜日)

2008年度 コンサル契約牧場の募集!

2008年度のコンサル契約募集をします

※ コンサル開始は、2008年2月1日 からです。

◆ 個体乳量を増やしたい方

◆ 出荷乳量を増やしたい方

◆ 乳房炎を減らしたい方

◆ 繁殖を良くしたい方

◆ 疾病を減らしたい方 

  損失を防いで、増産したい…、そういう人が対象です。

※ 募集地区は…、

北海道 2軒、 近畿地方 1軒

※ コンサル内容などは…、

下記URLをご覧ください。

http://katoblog.cocolog-nifty.com/about.html

※ 料金などの相談は…、

電話、または、メールで、加藤隆宛までどうぞ。

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

2007年11月10日 (土曜日)

牧場紹介

◆ お知らせ!

「コンサルを導入している牧場紹介」 を掲載しました。

準備が整った牧場から update しています。

以後、随時更新していきますので。

◆ 掲載先は、

カテゴリーの、

「かとうたかしのコンサルを導入している牧場・・・」 を、

クリックするか、

それとも、下記URLへどうぞ。

http://katoblog.cocolog-nifty.com/blog/cat14152671/index.html

Written by 酪農応援隊 

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

2007年11月 8日 (木曜日)

何かしなきゃ稼ぎが減る。

もしも、あなたの牛群に、

乳量アップの可能性 があるのなら、

全酪新報 11月10日号 を読んでみて。

私の連載記事18回目で、その意図がわかるよ。

もしあなたが前向きで、熱心な人なら、

きっとあなたの牛群は、伸びるよ。

ぜひ、がんばって!

全酪新報は、全国酪農協会で出している新聞だよ。

もし興味のある人は、

私までメールをください。risecorp@nifty.com

見本紙、差し上げます。

もしくは、直接、全国酪農協会まで、問い合わせを。

http://www2.ttcn.ne.jp/~rakunou/Syuppan.html

Written by 酪農応援隊 

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

2007年11月 7日 (水曜日)

「今にみていろ!」という気持ち。

「あんたみたい人は、異色だ」

私のことを、そう思っている人は少なくないようだ。

エサ屋出の人間がコンサルタントをしているのが、

異色なんだそうだ。

獣医でもない、普及員でもない、

そんな人間がコンサルタントとして、

仕事をしているのが不思議なようだ。

「コンサルタントは儲かるかい?」

露骨に聞いてくる人もいる。

童顔のせいか??、実年齢より若く見えるらしい。

自分は年相応だと思っているのだが、

そうではないようだ。

2002年の年だったと思う。

まだ、開業したての頃の話で、

当時は、ほとんど顧客がなかった。

(開業してすぐ、お客さんができるわけもないが・・・)

独立したコンサルタントのニーズを調べるために、

いくつか農協を廻った時のこと、

名刺を差し出し、要件を伝え、いろいろ話をさせてもらうのだが、

ある職員が、こんな質問を私に向けてきた。

「お父さんの名前は、なんて言うんだい?」

「父の名ですか?」

一瞬、何を質問されたのかわからなかった。

頭が、「?」では話が進まない、そう思い、あえて聞いたみた。

「どうしてそんなことを?」

すると、

「お父さんから、仕事を引き継いだんでしょ?」 というのだ。

いやいや、とんだ勘違いだが、

でもそう見えるくらい、まだまだお兄ちゃんだったのだ。

金もない、地位もない、もちろん名誉もない、

まさに裸一貫の独立だった。

私の稼ぎじゃ暮らせないから、女房は稼ぎに出ていた。

ほんとうに、辛くて、長い、独立初期だった。

今でも、けっして楽ではないが、

貯金箱の小銭を集めて、

プリンターのインクを買ったことが何度もあった。

そうやってお金を集めないと、

ダイレクトメールも出せない状態だった。

何のために独立したんだろう…。

でも、信じるしかなかった。

自分が持っている方法論を使ってもらえば、成績は上がる。

それには、確信があった。

なぜなら、そういう実績を残してきたからなんだが、

多くの人は、それを知らない。

それを知ってもらうために、営業をしなければならなかった。

いろいろ、興味津々、私を見ている人たちを、

ほんとうに見返してやりたかった。

そのために、新しい実績を作って、

お客さんに喜んでほしいと思った。

2002年から始めたこの仕事、まだまだ始まったばかりだ。

がんばらなきゃ。

Written by 酪農応援隊 

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

2007年11月 4日 (日曜日)

大切なあなたへ (2)

先が不安なのかい?

わたしも同じだよ。

不安を解消したいから、

いろいろ「裏付け」調べるんだよ。

その答えが見つかると…、

安心できるもんね。

その繰り返しさっ。

Written by 酪農応援隊 

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

2007年11月 1日 (木曜日)

顧問先牧場 K牧場

◆ K牧場 (別海地区) Cimg0142_3

個体乳量 8,500kg 

搾乳頭数 110頭

グラスサイレージ主体

乳脂率 4.20%

乳蛋白 3.30% 

無脂固形 8.87%

体細胞数 12万

※コメント

平均乳量25kgで、1,000㌧/年搾れれば、

経営できる牧場ですが、

まずは、個体乳量アップが目標です。

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

顧問先牧場 A牧場

◆ A牧場 (網走地区)Cimg0333

個体乳量 9,000kg

搾乳頭数 35頭

グラス、デントコーン主体

乳脂率 4.50%

乳蛋白 3.40% 

無脂固形 8.80%

体細胞数 15万

※コメント

10,000kgを目指して、出荷乳量を増やし、

利益を増やすことを目標にがんばっています。

夏場は、昼夜の放牧を取り入れいます。

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

顧問先牧場 O牧場

◆ O 牧場 (中標津地域)7

 個体乳量 9,800kg

 搾乳頭数 62頭

 グラスサイレージ主体。

 乳脂肪 4.27%

 乳蛋白 3.31%

 無脂固形 8.79%

 体細胞数 8万

 ※コメント

 「牛を絶対にだめにしない」を目標にしている牧場です。

 乳量をもう少し伸ばし、個体販売を増やす予定。

 Written by 酪農応援隊 

 酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

顧問先牧場 W牧場

◆ W 牧場  (網走地域)6

 個体乳量 9,800kg

 搾乳頭数 90頭

 グラス、コーン主体。

 乳脂肪  4.19%

 乳蛋白  3.35%

 無脂固形 8.79%62

 体細胞数 12万

 ※コメント

 牛の管理がとても上手な牧場です。

 分娩後の管理は手本になるでしょう。

 Written by 酪農応援隊 

 酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

顧問先牧場 Y牧場

◆ Y 牧場 (別海地域)5

 個体乳量 9,500kg

 搾乳頭数 370頭

 グラス、コーン主体

 乳脂肪  4.30%

 乳蛋白  3.41%

 無脂固形  8.84%

 体細胞数  23万

 ※コメント

 積極的な経営姿勢で、将来が楽しみな牧場です。

 現在、305日乳量で、9,900kg出ているようです。

 Written by 酪農応援隊 

 酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

 

|

顧問先牧場 A牧場

◆ A 牧場 (網走地域)4

 個体乳量 10,100kg

 搾乳頭数 45頭

 コーン主体、 牧草ロールサイレージ

 乳脂肪 4.30%

 乳蛋白 3.50%

 無脂固形 9.00%

 体細胞数 9万42

 ※コメント

 デントコーンの給与量を増やして、

 個体乳量を伸ばしました。

 体細胞数は、常に、ひと桁です。

 あまくて美味しい牛乳を

 生産しています。

 Written by 酪農応援隊 

 酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

顧問先牧場 T牧場

◆ T 牧場 (釧路地域)3

 個体乳量 9,800kg

 搾乳頭数 35頭

 グラス主体 (春~秋、昼夜放牧)

 乳脂肪  4.00%

 乳蛋白  3.50%

 無脂固形 8.90%

 体細胞数 9万32

 ※コメント

 昼夜の放牧を取り入れながら、

 高乳量で搾る牧場です。

 飼養頭数を減らしたことで、

 乳量アップに成功しました。

 Written by 酪農応援隊 

 酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

顧問先牧場 K牧場

◆ K 牧場 (道南地域)2

 個体乳量 10,800kg

 搾乳頭数 40頭

 グラス、デントコーン主体

 乳脂肪  4.50%

 乳蛋白  3.60%

 無脂固形 9.10%

 体細胞数 16万

 ※コメント

 コンサル導入当時、8,000kg台だった乳量が、

 3年で、10,000kgになりました。

 Written by 酪農応援隊 

 酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

顧問先牧場 F牧場

 F 牧場 (十勝)1

 個体乳量 10,500kg

 搾乳頭数 150頭

 グラス、デントコーン主体。

 乳脂肪 4.00%

 乳蛋白 3.36%

 無脂固形 8.85%

 体細胞数 9万%12

 ※コメント

 乳質がとても良い牧場です。

 特に、

 乳房炎をなくすことを目標に、 

 出荷する体細胞数は、10万以下。

 牛は、本当にきれいですよ。

 Written by 酪農応援隊 

 酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

顧問先 SY牧場

顧問先牧場の紹介です。

SY牧場も、とても勉強家でがんばり屋の牧場です。

130頭ほど搾っていますが乳房炎ゼロで、

全頭出荷した期間が1ヵ月間くらい達成できました。

家族3人で約240頭の牧場を切り盛りしています。

◆ SY牧場(道東地区)Cimg1051 Cimg0980Cimg1257

 

年間出荷乳量 1,300トン

個体乳量 9,200kg

通年グラスサイレージをTMR給餌

乳脂肪率 4.23%

乳蛋白率 3.34%

無脂固形率 8.76%

MUN 11.4mg/ml

SCC  15万/ml

酪農ブログ酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »