« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月22日 (土曜日)

2008年度 コンサル契約牧場の募集!

お知らせ!

2008年度のコンサル契約牧場を募集します。

募集の詳細は、下記URLへ

http://katoblog.cocolog-nifty.com/blog/cat14747176/index.html

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

2007年12月20日 (木曜日)

生乳計画生産

『生乳計画生産』 に移行したのが、1979年。

このシステムもそろそろ、30年 を迎えようとしている。

増産→減産→増産→減産→増産…、の繰り返し。

計画生産だから、それがあって当然。

しかし、そのたびに現場は振り回され、

そのたびに、不満が蓄積されていく。

失望と脱落と…、

「ふるいにかける?」

そんな言葉が飛び交って…。

選抜淘汰?

酪農家は、牛と同じか!

現場の声を近くで聞くと…、

彼らは、もう言うことを聞かないかもしれない。

振り回されっぱなしで、

信用できなくなっている。

酪農家戸数が、減ってと言うが…、

そのわりには、組織の人間は、減っているのか?

そこも同じように 「ふるい」 なのか、「選抜淘汰」 なのか?

酪農家減っても、関連組織の人間が減らない?

そんなことが、ずっと続いたとしたら…、

ふだんは、口数の少ない彼らだけれど、

心の中では、いろいろ考えている。

不満、蓄積したままにするな。

放置するな!

少しでも感じ取れる 感性 を持っているのなら、

早く対処したほうがいい。

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

2007年12月13日 (木曜日)

黙ってても売れれば…、みんな儲かる。

売れないから…、あきらめる?

飲んでくれないから…、あきらめる?

店先に陳列して置くだけで、飛ぶように売れるものなんて、

万が一のものさっ。

一時期のものさっ。

多くのものは、みんな売る努力をして…、売れている

必死に考えて、売るための方法を考える。

それでようやく売れているのさっ。

牛乳が売れない?

売れないって、なに?

結果だよね。

結果が良くないってことは、

やっぱ、売るための方法が違っていたんじゃないの?

やっぱ、売るための努力が足りなかったんじゃないの?

結果が良くないんだから、

少し努力の仕方、方法を変えたほうがいいんじゃないかな。

売れないからって、作る人減らしていいんだろうか?

本当に、作る人減ってもいいんだろうか?

本当に、作る人減って、困る人いないの?

消費者の顔は、直接、見えないんだけど…、

喜んで飲んでくれている人、

喜んで食べてくれている人の顔を思い浮かべながら、

一生懸命、品質のいい牛乳を搾っている人たち、

たくさんいるんだよ!

こんなんじゃ、そういう人たちだって、

失望して、やめちゃうよ!

いいの?

だめだよ、こんなんじゃ。

本当に、だめだよ。こんなんじゃ。

やる気のある人たちの未来までなくしちゃ、

絶対、だめ!

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

2007年12月12日 (水曜日)

やめたら、それで終わり。

生き物を、

飼っているから、育てているから、

そのうち復活できる。

でも、やめたら、それで終わり。

続けていれば、そのうち、何かある。

時代は流れているのさっ。

やめたらおしまいよ。

続けていれば、その権利がある。

チャンスが巡ってくる。

そう簡単に、権利は捨てるんじゃないよ。

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

早く結論を!

乳価値上げの可能性ではなく、

早く結論を!

彼ら、彼女らは、その結論を待っている。

それを裏切ってはいけない。

せっかく、やる気が増している彼ら彼女らの、

期待を裏切らないでほしい。

絶対に!

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

2007年12月10日 (月曜日)

希少価値

ものごと何でも、無くなって初めて、

その 存在の大きさ に気づくもんだ。

酪農家が減ったら大変? 困る?

減ったら困るのって、誰?

畑作も、稲作も、同じだ。

日本の人口は、1億2,000万人もいるのに、

でも農家(作り手)は、減る一方。

カロリーベースの自給率が、39%?

そんなに減って困るのは、誰?

自分のことだけ考えて言わせてもらえば、

うちは、農家の親戚が多いし、

私たちは、作物の作り方も知ってる。

いざとなれば、自給自足ができる。

わずかだが、自分たちの畑もある。

でも、町の人、どうするんだ?

農家に、売ってくださいって行っても、

売るだけのものは、きっと無いぞ。

乳余ったからって、捨てて、処分して。

乳余ったからって、牛、淘汰して、処分して。

今度は、ひっ迫してるから搾って! と。

ちょっと、勝ってすぎませんでしょうかね!

北海道は今、営農計画の作成中だけど、

搾っても儲からん牧場には、「生産減らせ!」 

と、指導していると聞く。

固定費減らして、買いエサ減らして、生産減らしなさい。

というのが、組織の指導らしいが、どう思います? 

これじゃ、来年も、生産増えんでしょ?

でも・・・、

増えなくてもいいんじゃない? 

とも思いませんか?

増えなきゃ、困る人がはっきりするんじゃないの?

生乳、もっと減らなきゃわからないんだよ。きっと。

余ったことは経験あるけど、

足りない経験なんて、ないでしょう? 今まで。

酪農家の戸数も減って大変って、騒いでいるけど、

減って困るの誰?

減ってみれば、その存在の大きさに、

初めて気づくんじゃない?

わかんないんだよ。なくなってみないと。きっと。

生乳も、酪農家も、減れば減るほど、

その希少価値が上がるってものさっ。

いっそのこと、なくなってみればわかる。

彼ら、彼女らの、その価値の大きさに。

でも、本当に無くすようだと、この日本も終わりだな。

だからそんなんじゃ、ダメなんだって!

早く動き出してくれって、日本の政治。

何をもたもた、やってるんだか。

さっぱり前に進まん・・・。

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

夜のホテル

今日は、出張の日071210_1749

泊まってるこのホテルは、

忘年会で一杯。

盛り上がってるなぁー。

奇声拍手、いろいろだぁ。

「二次会行くぞ!」 って? いいなぁ・・・。

私はと言うと・・・、

おとなしく、自室で、カチャカチャ、仕事。

夜のホテルとは、期待はずれ? だったね。

つまらんかい?

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

2007年12月 8日 (土曜日)

きちんと帰ってくるんだよ!

忘年会シーズンやねぇ~。Photo

今晩は、(も?) 飲んでるんかい?

たくさん食べて、たくさん飲んで

たくさんしゃべって、たくさん歌って

たくさん遊んで

楽しんで帰ってくるんだぞぉー。

ケガすんなよぉー。

明朝は、搾乳だぞぉー。

母ちゃんに、怒られるなよぉー。

気分転換して、がんばってよ。

さっ、明日からもがんばるぞ!

私も、飲んでるぞぉー。

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »