« やめたら、それで終わり。 | トップページ | 生乳計画生産 »

2007年12月13日 (木曜日)

黙ってても売れれば…、みんな儲かる。

売れないから…、あきらめる?

飲んでくれないから…、あきらめる?

店先に陳列して置くだけで、飛ぶように売れるものなんて、

万が一のものさっ。

一時期のものさっ。

多くのものは、みんな売る努力をして…、売れている

必死に考えて、売るための方法を考える。

それでようやく売れているのさっ。

牛乳が売れない?

売れないって、なに?

結果だよね。

結果が良くないってことは、

やっぱ、売るための方法が違っていたんじゃないの?

やっぱ、売るための努力が足りなかったんじゃないの?

結果が良くないんだから、

少し努力の仕方、方法を変えたほうがいいんじゃないかな。

売れないからって、作る人減らしていいんだろうか?

本当に、作る人減ってもいいんだろうか?

本当に、作る人減って、困る人いないの?

消費者の顔は、直接、見えないんだけど…、

喜んで飲んでくれている人、

喜んで食べてくれている人の顔を思い浮かべながら、

一生懸命、品質のいい牛乳を搾っている人たち、

たくさんいるんだよ!

こんなんじゃ、そういう人たちだって、

失望して、やめちゃうよ!

いいの?

だめだよ、こんなんじゃ。

本当に、だめだよ。こんなんじゃ。

やる気のある人たちの未来までなくしちゃ、

絶対、だめ!

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

« やめたら、それで終わり。 | トップページ | 生乳計画生産 »