« 乳価アップとそれぞれ…。 | トップページ | 親の背中を見て育ってきた子供たちは…。 »

2008年1月27日 (日曜日)

稼げない時って、何かが生まれる。

稼げない時って、何かが生まれるものです。

自分がしたい仕事、好きな仕事と、

稼ぎ、儲けが連動していること、

これが何よりも理想だけど、

世の中、そうそう、うまくいかんもんです。

でも、稼げない時って、

「どうやったら稼げるようになるか?」 ってことを、

必要に迫られて考えるものです。

その時の状態は、とてもつらいし、苦しいし、

「なんで俺ばっか、こんな目に…」 なんて、

自暴自棄になることもあるけれど、

でも、一生懸命考えれば、なにか 「ぱっ」 とひらめくものです。

知ったような口ききますが、

経済って、いい時悪い時の繰り返しですから、

悪い時を越えれば、次はいい時が来るものです。

悪い時に考えない人は、いい時が来ても稼げません。

でも、悪い時に考えて、考えて、ひらめいた人は、

いい時には、を築けます。

稼げない時って言うのは、

ある意味、人間を成長させてくれます。

どん底まで味わう必要もありませんが、

金がなくて青ざめる経験 は、

1度くらいは、しておいてもいいと、私は思っています。

自分の実体験を通じての話ですが。

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

« 乳価アップとそれぞれ…。 | トップページ | 親の背中を見て育ってきた子供たちは…。 »