« 私の原動力 | トップページ | 経営者の思いが現れる牧場の姿 »

2008年3月 6日 (木曜日)

例え話が大きすぎ!

3月3日、ひな祭りの夜。

子どもと風呂に入って、携帯を見たら、

着信履歴 と メール受信が。

着信を見ると、M さんからだった。

でっ、メールは?

えっーーーー!!

「大事件。牛ダメにしてたのは自分だった。」

「情けない・・・。」

「牛の代わりに、死なないとならない。」

おいおい、とんでもないメールが飛び込んできたぞっ。

あわてて、M さんに電話を入れる。

プルルル・・・

「はい、M です。」

「あーっ、つながったぁ~、つながったよ。よかったぁ~」

「どうしたんすっか? 圏外でした?」

ズリッ。

おいおい、心臓飛び出るようなメール送っといて、

そりゃないだろって。

「いや~、それくらい大変だってことを伝えたくって…」

というが、気持ちはわかるんだけどねぇ~。

もう、勘弁してよぉー。 M さん。

Written by 酪農応援隊

酪農コンサルタントのブログ 加藤隆

|

« 私の原動力 | トップページ | 経営者の思いが現れる牧場の姿 »