« 気に入らない。 | トップページ | ありゃ、殿さまだ。 »

2009年9月 1日 (火曜日)

何から守った?

米国の農産物輸出圧力から、

日本農業を守ってきたのは、

彼らだと言いたいのだろう。

しかし、現状はどうだろう?

本当に守れたのだろうか。

だから、私は、気に入らないと言いたい。

プラザで合意し、米国の貿易赤字を助け、

急激に進む円高で、食料の輸入は一気に増えた。

食べ物は、作るものではない、買うものだ。

食べ物は、畑でできるものではない、店で買うものだ。

そんな政策を続けてきた彼らが、

私たちを本当に守ったと言えるのだろうか?

だから、余計、腹が立つ。

現在の日本の2つの大きな政党は、

どこかの国とFTAを結ぶ構想を、残念だが、どちらも持っている。

旧政権も新政権も、この構想を持っている。

本当に日本の農業のことを考えているのは、

農業に従事している我々でしかない。

それなのに、その代表が、腑抜けなことを言っている。

だから、余計、腹が立つ。

酪農応援隊ブログ

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

|

« 気に入らない。 | トップページ | ありゃ、殿さまだ。 »