« 農業所得 | トップページ | 農業立国ジャパン »

2010年1月28日 (木曜日)

乳搾りが楽しい

5.45am起床 気温-3℃

事務所で机に向かっているとFAXが送られてくる。

時計を見ると6時20分、顧問先Hさんからだった。

見ると、今年の目標金額が書かれたFAX。

部門別の金額が示されていた。

よしっ、わかったよ、がんばろう!

顧問先Aさんが、最近、乳搾りが楽しいという。

去年1番最初に刈った牧草を今給与したところ、

乳が増えてきたという。やっぱり出たほうが楽しい。

「コメ離れ」の話を経済産業研究所の山下さんから聞き、

それを「牛乳離れ」とたぶらせて考えているのだが、

消費者負担、財政負担、これらを考えている。

消費者に負担させると、消費が伸びない。

では、財政負担でとなれば、財源が。

今回、戸別所得補償がコメを先行に実施されることになるが、

篠原孝さんが述べるには、

党内議論は全くの無視で、コメだけ先行とかとんでもないことを言いだし、

本当は、2010年は制度設計に全力をあげるべき年なのに、

そっちは先送りで、

理由もなく作物の単価をばらつかせて農家を混乱させ、

本来の所得補償制度とはかなり違ったものになった。

と述べている。

完全に選挙目的にその政策を捻じ曲げられてしまったということか。

リーマンショック後の不況脱出には、

エネルギーと農業で成長を、

ということが多くの識者の間で叫ばれていたが、

エネルギーは進んでいる感はあるが、

農業はどうだ、まだ混迷したままだ。

日本の農業が、ヨーロッパの小国と同じように、

輸出産業となって成長していくのは何年先なんだ? 

実に、じれったい。

酪農ブログ酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

|

« 農業所得 | トップページ | 農業立国ジャパン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 農業所得 | トップページ | 農業立国ジャパン »