« 良い土、良い草、良い牛と言いながらも…。 | トップページ | 意味あるのかではなく、これは日課だ。 »

2010年7月 4日 (日曜日)

出来たもので勝負、ただ…。

7月4日日曜日 5:30am起床、小雨。

週間天気が気になり、すぐ天気予報を見るが、

中標津、別海方面の予報にsunはない…。

7月2日金曜日、牧草収穫が遅れていた、

オホーツク海側の顧問先の作業が、同日、進められた。

ハーベスター2台による、バンカー2本同時詰め作業だ。

私は、収穫圃場とサイロ位置を確認し、

青刈り原料草のサンプルを2点取り、

とりあえず、十勝に戻る。

夕方、雨に当たらず何とかサイロ詰めできたと、

携帯電話にメールが入る。

発酵の品質が確保できたので、

お互いに、ほぉっ、といった感じの安堵である。

栄養価の低下は、まっ、仕方がない、7月刈取となってしまったのだから。

出来上がったもので勝負するしかない。

ただ、不良発酵、貯蔵ロス腐敗、これらが最小に抑えられれば、

今回は、合格、合格。

さてあとは、中標津、別海、根室の顧問先での作業遅れである。

なんとか今週、うまくいってほしい。

収穫作業と私のスケジュールが合えば、

中標津方面に向かう予定でいる。

酪農ブログ酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

|

« 良い土、良い草、良い牛と言いながらも…。 | トップページ | 意味あるのかではなく、これは日課だ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 良い土、良い草、良い牛と言いながらも…。 | トップページ | 意味あるのかではなく、これは日課だ。 »