私の思い

2010年8月12日 (木曜日)

私と、坂本九さん

26年前、札幌に「かまわぬ」という、日本的な、粋な居酒屋があった。

居酒屋というより、小料理店と言ったほうがいいかもしれない。

暖簾(のれん)をくぐると、石畳があらわれ、

3メートルくらいのその通路を通り抜けると、店内につながる。

10人ほど座れるカウンターが見え、

その奥は、障子で仕切られた小上がりへとつながる。

カウンターの向こうには、

笑天の歌丸師匠のように座る、接客上手な店長がいる。

その店長が、「加藤君、こちらのお客様に日本酒を」、

そんな感じで、従業員の私たちに指示を出す。

当時としては、おしゃれで、粋な小料理店、

そんな感じで、とても流行っていた。

ビートたけしなどの芸能人も、ちょくちょく顔を出していて、

いい店でバイトできたなぁと、ひそかに感激していた。

そうした来店者の中で、後(のち)の事故をきっかけに、

とても記憶に残ってしまった有名人の方がいた。

それは、坂本九さんだった。

1984年の6月だったと思う。

マネージャーらしき男性と、坂本九さんが来店し、

カウンターに座った。

店長が、坂本九さんを相手に、

北海道の地名を話題に、なんだか場を盛り上げていた。

「ああ、坂本九だ」

そう思いながら私は、奥のお客様の接客をしていたのだが、

なぜか、店長が私を呼び、

「坂本さんに、おしゃくを」 そう指示を受けた。

緊張して、なんだか、うまく、おしゃくをできなくて、

じょうずに、おしゃべりができなくて、

なんだか、モジモジしてた感があったのだが、

気さくで、やさしい坂本九さんは、

北海道の地名をネタに、私に、やさしく話しかけてくれた。

「いい人だなぁ」 そんな印象だった。

だが、その1年後、

あの悲惨な航空機事故の犠牲者のひとりとなってしまった。

毎年、8月12日になると、それを思い出してしまう。

酪農ブログ酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日曜日)

決断力を高めるために。

生きていると、なにかしら物事を決めていかなければならない。

大きい決断、小さい決断、

決断にも違いはあるが、

ご飯を食べるのも、トイレに行くのも、

タイミングをはかって、自分で決めている。

けっして、他人が行動を決めているのではない。

日々、そんな決断ばかりであれば、楽ちんなのだが、

いずれにしても、私たちは決断の連続の中で生きている。

決断を迫られたとき、おどおどとしてしまうときがあるが、

その時の状況をあとで思い返してみると、

「準備ができていなかったなぁ」と、

自己分析したことがある。

たぶん、決断できない状況と言うのは、

今そこで考え始めているから、決断できないのだなあと、

そう、反省していたことがある。

だから、以来、できるだけ準備をするようにしている。

物事の先行きを予想・推測しながら、

良いことも、そうでないことも予測しながら、

準備をしてみることにしている。

無駄な努力かなぁと、考えたこともあるが、

それも日々の訓練と思い、そうしている。

新聞を読み、本を読み、人の話を聞き、情報を得ながら、

ある意味、空想の世界にちょっとだけ入りこみながら、

決断のために、準備をしている。

そうすると、決断力が高まったような、そんな感じがする。

くだらない話で申し訳ないが、

そんなことを考え思いながら、生きているんだなぁ。

酪農ブログ酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

| | コメント (0)

2010年7月17日 (土曜日)

飼料設計サービス

紙とペンと電卓を使って飼料計算していた時代から、

パーソナルなコンピュータが発達、普及したことで、

それは、パソコンが代用することになった。

複雑な計算も、それがこなしてくれるので楽になった。

反面、ちょっと勉強すれば、飼料計算できるようになり、

飼料設計書を仕上げることができる。

難解な計算も、飼料計算ソフトが手伝ってくれて、

そのソフトは、簡単に、ウェブ上から有料ダウンロードできる。

たとえば、CPMデイリーやスパルタンといったものがある。

Cpmlogo

しかし、それゆえ、飼料設計サービス化が進んでいる。

これが、良いのかそうではないのか、

もう少し時間が過ぎれば答えがでるだろうが、

設計書を手渡すだけのサービスでは、本当に、片手落ちだと思う。

それは、仮想、推測の域を越えていないのだから。

その設計書が正しかったかどうか、

牛舎に入り、牛に触れ、糞を見て、さらにもっと詳しく調べて、

生産性とそれらに整合性があるかどうか。

仮にずれていれば、どこに要因があるのか。

設計書を手渡した人は、

そこまで踏み込むべきだろうと思っている。

設計書を仕上げて、栄養インプットのお手伝いをしたのなら、

アウトプットとの関係までフォローしてほしいと思っている。

そこまでできないのであれば、

この飼料設計サービスは、

あくまで商売上の「もてなし」や「おまけ」であると、

しっかり酪農家に伝えなければならない、と思っている。

酪農ブログ酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

| | コメント (0)

2010年7月16日 (金曜日)

その後の人生が変わる。 その3

行く道を迷っている人、もがいている人、

そういう人にこそ、

「人との出会い」を大切にしてほしいと、思っています。

出会いとは、偶然出会うことではありません。

自分から引き寄せるものだと思っています。

あなたが必要としているから、

新聞記事に目がとまったり、

書物のタイトルに目がとまったり、

なにげないネットサーフィンで、ふと、ある話題に目がとまったり、

それは偶然ではないのです。

その偶然を逃してはならないと思っています。

自分から引き寄せてほしいのです。

電話1本、メール1通、

たったそれだけで、その後の人生が変わることがあります。

出会いは、いろんな形で訪れ、

フレッシュな気持ちにさせてくれることでしょう。

そして、行動が変わるのです。

酪農ブログ酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

| | コメント (0)

2010年7月15日 (木曜日)

その後の人生が変わる。 その2

誰にでもある誤解、思い込み、勘違い、先入観など、

それらが、人の成長を邪魔していることがあります。

もったいなと、思うことがあります。

取り組み方の勘違い、

技術の誤解、

早とちりによる思い込み、

情報過多による先入観など、

たとえ真実を伝えたとしても、

それらを解きほぐすには、時間を要することがあります。

それは、年代を重ねれば重ねるほど、時間のかかるもので、

根気と粘り強さが必要だなと思うことがあります。

でも、それらの誤解や思い込みが解けたとき、

その人の行動が変わっていくのです。

そして、3年も経てば、がらっと様変わりしているのです。

酪農ブログ酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

| | コメント (0)

2010年7月14日 (水曜日)

その後の人生が変わる。

人は、「人」との出会いによって、

大きく人生を変えることがあります。

あの人のお陰で経営が変わった。

あの人のお陰で人生が変わった。

そんな劇的な出会いができたなら、

それはとても幸せなことです。

誰かの影響を受け、それに憧れ、それが理想となり、

その思いの形が、今、あなたの姿となって表れているのです。

あなたの牧場の姿、それそのものが、

あなた自身だと言っても、それは言い過ぎではないのです。

自分で気づき人生を変えていける人は、

とても立派な人だと思います。

でも、多くの人は、誰かしらの影響を受けながらが、

それに気づき、成長し、自分の姿を変えていくものです。

不変も人生、可変も人生。

できるなら、良い人の影響を受け、可変していけたなら、

と、思うのです。

酪農ブログ酪農応援隊

RCO ライズコンサルティングオフィス 加藤隆

| | コメント (0)